デリケートゾーンが痒くなるのはなぜ?

デリケートゾーン かゆい


デリケートゾーンがかゆくなる原因


デリケートゾーンの悩みはいろいろとありますが、なかでも痒みを感じるトラブルは多くの方が経験しています。仕事中や友達とのおしゃべり中、彼氏とのデート中などにかゆみを感じた経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。かゆいからといってボリボリと掻くわけにも生きませんし、苦労しているという方も多いはずです。

・通気性が悪く、汗で蒸れる
デリケートゾーンは汗で蒸れやすい部分であり、雑菌も繁殖しやすいのでかゆみなどの症状もでやすい部分であるといえます。デスクワークが中心の仕事の場合、座っている時間が長くて、ずっと同じ姿勢でいて通気性がわるい雑菌が増えやすい状態になります。そうすると蒸れてきてかゆみがでやすくなります。

・生理用品が不衛生
ナプキンを使う生理中も蒸れやすい状態であり、雑菌が繁殖やすくかゆみが生じやすいです。通気性のよい下着や生理用品に変えたりして、なるべくムレないように気をつけるのが大事です。あとはこまめにナプキンを交換するのも大事です。目視して汚れていないからまだ大丈夫と判断して使い続ける方もいますが、汚れていなくても雑菌が繁殖している可能性もあるので適度に交換しましょう。

・洗いすぎている
あとはかゆみの原因が不衛生な雑菌だとおもって過剰に洗ってしまう方もいますが、洗いすぎもよくありません。過度に洗うと肌の負担になりますし、逆効果です。過剰にゴシゴシと洗いすぎずに丁寧に洗って、すすぎ残しがないように気をつけましょう。デリケートゾーン専用の石鹸とかもありますのでそうしたものを使ってみるのも良いかもしれませんね。

・カンジダ膣炎
陰部のかゆみの原因としてよくあるのがカンジダ膣炎です。陰部のかゆみのうち3分の1はこのカンジダ膣炎が原因であるといわれていて一般的な病気となっています。抗生物質の使用や性交、不規則な生活による免疫の低下などが原因と言われています。

海外ではニキビの治療などで抗生物質が使われることが多く、抗生物質を使うことでカンジダ膣炎になりやすくなるというのは一般的に知られているそうです。そのためカンジダ膣炎になったら薬をもらいに病院に行く方が多いようです。日本の場合、カンジダ膣炎についてあまり知られていなくて、掻き壊したりして悪化してしまうことも少なくないそうです。

産婦人科でカンジダを殺す膣剤を処方してもらうことで治すことが出来ますのでかゆみがあれば産婦人科を受診しましょう。ほかには脂漏性皮膚炎になってるということも考えられます。こういったかゆみがでた場合には早めに皮膚科や産婦人科で相談しましょう。掻き壊してしまうと皮膚の状態が悪化して治るまでに時間がかかってしまいますし、跡が残ってしまう可能性もありますので掻き壊す前に病院で治療を受けましょう。

・不規則な生活
デリケートゾーンに限らず、不規則な生活をしてると肌にトラブルが起きやすいです。とくにストレスは自律神経を乱して、内臓器官の不調をもたらし、いろんな肌トラブルを起きやすくしますので注意が必要です。ストレスは自分でも気がつかないあいだに蓄積しているということもあります。適度に運動や趣味などでストレスを解消していきましょう。

あとは睡眠不足とかがあると肌の修復が十分にされずに肌の状態が悪化しやすくなりますので注意が必要です。7時間から9時間くらいが理想と言われていますのでこのくらいは睡眠時間を確保するようにしたいですね。あとは決まった時間に寝ることも大事です。体内時計が整っていると肌の修復をおこなう成長ホルモンもスムーズに分泌されやすくなりますので決まった時間に寝るようにしましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。