デリケートゾーンのかゆみ

デリケートゾーンのかゆみについては多くの女性が悩みを抱えてる問題だといえます。かゆみが発生する原因というのは様々ですが、なかでも多いのがカンジダ膣炎という病気です。

カンジダという菌が膣内で繁殖することでかゆみや白い粉状のおりものができたりします。ストレスや生活習慣が不規則であるために免疫が低下してカンジダ繁殖したりすることでかゆみが生じやすくなります。ほかにも性交や抗生物質の使用、便や尿から感染するということもあります。睡眠不足であったり、疲労が蓄積するなどしてホルモンバランスが乱れるなどして免疫が低下することなどによって引き起こされることが多いと言われています。

欧米では一般的なものとして知られていて病院で膣剤を処方してもらって自分で治療しますが、日本の場合それほど知られていないということもあり、不安を感じてしまう方も多いようです。薬を使用すればすぐに治ることも多いので、かき壊す前にはやめに病院へいくようにしましょう。


カンジダ以外には脂漏性皮膚炎というのもあります。これは分泌された皮脂が酸化してそれによって雑菌が繁殖してかゆみをともなう炎症を引き起こします。ほかにも特に原因はなく、下着がすれたり、蒸れたりすることでかゆみがともなうということもあります。いずれの場合も皮膚科や産婦人科にいけばステロイドなどの有効な塗り薬などを処方してくれます。

蒸れやすい下着をはいていたり、ずっと同じ姿勢でいたりするとかゆみが発生しやすくなりますので気をつけるようにしましょう。

かゆみがある状態を放置してかきこわすと余計に悪化しやすくなりますのではやめに病院にいくようにしましょう。
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|