デリケートゾーン、痒みの原因と対策




デリケートゾーンの痒みがひどくなる原因


デリケートゾーンという名前のとおりこの部分の肌は敏感なので様々なトラブルが起きやすいといえます。なかでも多いのがかゆみです。女性であれば陰部のかゆみを経験したことがある方は多いのではないでしょうか。こうしたかゆみの原因は何でどうした対策をするのが有効なのか紹介していきます。

・カンジダ膣炎
デリケートゾーンがかゆいという場合にまず疑うべきはカンジダ膣炎です。これは多くの女性が経験する病気で陰部のかゆみの3分の1はこのカンジダ膣炎が原因と言われてるくらいに一般的なものとなっています。カンジダ膣炎というと性交によって感染すると考えている方が多いかもしれませんが、性交以外でもカンジダ膣炎になるケースは少なくありません。

抗生物質を飲んでいたり、免疫の低下などによっても引き起こされるといわれています。ストレスや睡眠不足など不規則な生活をしていてホルモンバランスが乱れ、免疫が低下することでできることもあるのでだれにでも起こりうる病気であるといえます。

このカンジダ膣炎になった場合には、市販の薬とかではよくならないので産婦人科にいってカンジダ膣炎の薬をもらうようにしましょう。あとは汗で蒸れて雑菌が繁殖してかゆみが生じるということもありますのでデリケートゾーン専用の石鹸などを使うのも有効です。よく泡立ててキズをつけないように優しく洗うようにしましょう。


・汗による蒸れと菌の繁殖
デリケートゾーンは蒸れやすい部分であり、汗もかきやすいといえます。デスクワークが多かったりして同じ姿勢がいることが多いと通気性も悪くなり、蒸れてしまい菌が繁殖しやすくなります。また、生理中のナプキン使用で蒸れるということもあります。

最近のナプキンは品質が高くて、見た目では汚れが目立たないものも多いですが、こうした状態でも使い続けることによって菌が繁殖しているので注意が必要です。取り替えても痒くなりやすい場合には生理用品の素材が肌にあっていない可能性もありますので別のものにしてみるのもいいと思います。

締め付けが強いストッキングやタイツも蒸れやすくする原因となります。なるべく通気性がいいものを選びましょう。タイトなジーンズとかをはくことが多い方も蒸れやすくなるので注意が必要です。あんまり蒸れるようなら通気性のいいスカートを選ぶのが良いと思います。

・免疫の低下
疲労や睡眠不足、過剰なストレスなどがあると免疫が低下して肌の状態が悪化します。免疫が低下することでウィルスや菌に対する抵抗が減少して繁殖しやすくなってしまいかゆみもひどくなりやすくなってしまいます。生活習慣を見直しすなどして体質を改善していくことも大事です。適度に休養をとってストレスを解消して、睡眠もしっかりとるようにしましょう。

病気によるかゆみ
なんらかの感染症にかかっていることでかゆみが生じるケースもあります。痛みを伴うかゆみなどがある場合には婦人科を受診しましょう。性病にかかっていたりすると自然に治らないので治療が必要になります。ひどいかゆみで我慢できない場合には一度病院を受診したほうが安心できると思います。

かゆいからといって掻き壊してしまうと肌の状態が悪化して治るまでに時間がかかってしまいますのでかくのを我慢して正しい対策をしていきましょう。




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。