デリケートゾーン トラブル

デリケートゾーンのトラブル


デリケートゾーンについて悩んでいる方は多いのではないでしょうか。ちょっとした悩みから深刻な悩みまでいろいろあると思いますが、なかなか人に相談しにくい部分ですし、不安に感じる方も多いはずです。デリケートゾーンという名前の通り、肌も敏感で皮膚が薄いので様々な問題が起きやすい部分です。

たとえば、臭いやおでき、黒ずみ、かゆみなど、いろいろなトラブルがあります。まずはこうしたトラブルがどうして起こるのかということを認識して対策をしていくことが重要になってきます。

・デリケートゾーンのかゆみ
いろんなトラブルがありますが、とくにかゆみは多くの方が経験しているトラブルではないでしょうか。生理中にナプキンなどの生理用品を使うとムレたり、かぶれたりして強いかゆみを伴う方も多いと思います。仕事中や誰かと会っているときにかゆみが生じてきても人前で掻いたりすることもできないですし、不快に感じるかもた多いと思います。掻き壊してしまうと状態が悪化して肌トラブルを引き起こしてしまうので掻かないことが大事になってきます。

通気性があまりよくなくて、かぶれやすい素材の生理用品だとかゆみがひどくなりやすいのでこうした生理用品の見直しも有効です。冬場に通気性が悪い下着やストッキングで蒸れてしまい雑菌が繁殖してかゆみをともなうこともあるので注意が必要です。

足を細く見せるためにピタッとしたジーンズを履いている女性も増えていますし、そうした窮屈な服装がさらに通気性を悪化させているともいえます。通気性が悪く湿気が多いと雑菌も繁殖しやすく、カンジダ膣炎になってしまうケースもあります。

デリケートゾーンのトラブルが起きた場合


何か問題が起きた場合には産婦人科に相談するのが確実です。カンジダ膣炎などの場合は市販の薬はないので処方してもらうしかありませんし、こういったところでみてもらったほうが正確な治療を行うことができます。

カンジダ膣炎については性病だと思い込んでいる方もいるようですが、性交渉以外でも免疫の低下や抗生物質の使用、便秘や下痢などによっても症状がでるものであり、決して恥ずかしいというものではありません。誰にでも起こりうるものなので恥ずかしがる必要もありません。病院の先生も一般的なものということは分かっていますので、すぐに薬を処方してくれて終わります。掻き壊してしまった場合も、産婦人科で薬を処方してもらったほうがいいです。

仕事やプライベートで忙しくて病院に行くのが難しいという方もいると思いますが、放置しておいて治るようなものではないですし、放置することで状態が悪化してしまうこともあるので早めに時間を作って病院で薬をもらったほうが良いと思います。

あとは普段から汗で蒸れないようにケアをするにしましょう。ストッキングは脚だけのものにするとか通気性のいい薄手の下着などを選びましょう。洗うときにはゴシゴシと洗わずに泡立てた石鹸で優しく洗うようにしましょう。かきこわしてからだと治りにくい部分であるといえますのではやめに対処して問題があればすぐに産婦人科で相談しましょう。

・デリケートゾーンの黒ずみ
デリケートゾーンが黒いということで気にする方も多いですが、これについてはあまり気にしないのが一番だと思います。ホルモンバランスの影響などでメラニンが増えたりして自然と黒くなるようなものなので別に肌の異常ということではないので薄くしたりはできません。この辺は神経質に考えすぎないほうがいいと思います。


生活習慣が不規則で免疫が低下している場合もかゆみや肌のトラブルを起こしやすくしますので生活習慣を見直すことも大事です。寝不足、疲労、ストレスなどに気をつけて生活をしていきましょう。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。